風速計にはいろいろな種類があります

色々な風速計の種類について

気象予報などにも活用されている風速計ですが、実は色々な種類が存在しているのをご存知でしょうか。風速計には大きく分けて3つのタイプに分かれており、種類によって用途も異なってくるのです。では実際にどのような種類が存在しており、どのような用途に使われているのでしょうか。
まず気象観測によく用いられるタイプとして機械式といわれるタイプです。機械式には風杯型や風車型などが存在しており、回転数を測定することによって風速を計算するというものです。比較的シンプルな構造となっており、マニアの人は自作する人も多いのです。電力源と繋いでしまえば、後はメーターを読むだけで簡単に風速を確認することができるなど使いやすさは抜群です。日本では最も多い種類の風速計として知られています。
次に熱線式といわれる風速計のタイプがあります。半導体や白金線などを加熱して、その後に風によってどの程度冷却されるかの度合いで風速を測るというものです。よく用いられているのは工場や喫煙室などの室内になっています。加熱式なので風向きなどを気にすることなく測定可能で、持ち運びが便利という利点があります。
最後に超音波式といわれ、音の速さが風によってどの程度変化したかによって風速を測るタイプです。気象観測に用いられますが、コンピュータを活用しないと計算できないため民間で活用されるケースは少ないようです。

風速計の種類

風速計はその名の通り風を計る機材で天気予報や陸上競技等以外と幅広く使用されています。風速計にも様々あるのですがではどのような物があるのでしょうか。まず風杯型の風速計がありますがこれは回転軸の周囲に半球が四個ほどついた物で風が吹くと回り始めその回転数で風速を計ります。良い点として風の変化に強い事が挙げられます。また超音波式の風速計もあり簡単に説明すると超音波送受信機どうしの間で発射された超音波の到達する時間によって風向きや風速を計る物になります。耐久性が高いのも良い点になります。風車型の風速計もありますが気象庁や様々な事業者が利用していて一般的に広まっています。四枚のプロペラと垂直な尾翼が特徴的で風によって回転する形になります。風によって回転する回数で風速を測定する事ができます。こういった風速計はインターネット通販でも購入する事ができます。値段やデザインが様々で迷う場合は他の通販と比較して購入を考えましょう。風速計自体ある程度壊れにくくなっていますが雨や風に長い間さらされると故障する場合もあるので多少値が張っても耐久性の高い風速計が良いです。自分の気に入った風速計を購入して風の観測に役立てましょう。