生活に役立っている風速計

快適な生活の為に風速計が活躍しています

スポーツを円滑的に行ったり、風害を予防するなどの目的で風速計を利用する法人や個人が増えていて、近年はデジタル式の風速計の商品を中心に人気になっています。デジタル式の商品は現在地の近くの風速を早急に測れる事が魅力で、通販のサイトなどで数万円から10万円程度の価格帯で販売しています。ボタンを押すだけで現地の近くの風速が計算されるので、風速計を使って個人で行っているスポーツで良い成績を出したり、台風が接近している時に風速の数値を確認する事で被害の拡大の予防に繋がる事が魅力です。商品によっては機械の原理や使用法が違うので、説明書などで機械の使い方などを把握する必要があります。
地上と上空の風の強さは気象や気流などの関係で異なっていて、基本的には上空に行くほど風が強くなります。近年は空中で行うスポーツやエンターテインメントが増えているので、安全に楽しむ為に上空の風の強さを理解する目的で風速計を使う人が多いです。山に登れば風が強く感じることは当たり前なので、最近は登山する人にも風速計が役に立っています。飛行場では飛行のインフラとして乗客や乗務員が安心して飛行機に乗ってもらう為に風の強さを測れる機械が欠かせないので、あらゆる場面で様々な形の風速計が出回っています。

風速計の種類について

風速を測定する装置を「風速計」と言いまして、色々な種類があります。
風速計がよく設置されている場所は飛行場や山頂や塔などですが、手に持って使用できるタイプもあります。
そんな風速計の種類を紹介していきます。

最近では風車型風速計が主に流通していますが、一昔前までは風杯型が主でした。風杯型風速計の特色は、回転軸の辺りに半球、円錐殻が3から4個ついているところです。1度くらいは見たことがあるのではないでしょうか。風が吹き始めると風杯が回転し回転した数により風速を測定する構造になっています。風杯が半球、円錐になっている理由は、空気抵抗を大きくするためといわれています。メリットは風の変化に対応できるところですが、風速と一緒に風向きを測定することはできません。そのため、風向きを知りたい場合には風向計が必要になってきます。超音波式風速計も存在します。このタイプは世界中の色々な場所で使用されていて、名前の通り超音波を利用した風速計です。
超音波送受信機であるトランデューサーに発射した超音波が届き、届くまでに掛かった時間により、風速や風向きを算出します。
超音波式風速計は頑丈なので、僻地などにもよく設置されています。