知られざる風速計の性能とは

さまざまな計測方法がある風速計

風の速度を測るための風速計にはさまざまなものが存在しています。
最も広く知られているのは風車の原理を利用した風速計で、風によって羽根が回転することで風速を割り出すことができます。
アナログな方法として昔から屋外などで活用されていますが、現在では小型のデジタル式風速計も登場し、より精度の高いものが発売されています。
また吹きつける風の冷却作用を利用し、温度変化を測定することで風速を割り出す風速計も存在します。
熱式風速計とも呼ばれ、より精度の高い測定を可能にしています。
これらの風速計は業務用として用いられ、屋内などのせまい場所でも計測が行えるように小型で持ち運びやすく、温度や風量などが測れるものも販売されています。
さらに精度を高めた風速計として超音波式風速計も開発され、専用の機器から発生させた超音波と受ける風の影響を計算し周囲の風速を測定することができます。
ほかの風速計に比べると大型になるのもが多く、コストもかかるため、精度の高い風速が求められる気象観測や陸上競技の世界大会などで用いられています。
単純に風速を測るといってもさまざまな方法があり、より正確な風速を計測するためにいろいろな風速計が開発されているのです。

風速計について

みなさんも風速計をご存知かと思います。
風速計とは、実際にどのような場所で使われたりしているのでしょうか?
今回は、そんな風速計についていくつか見ていきたいと思います。まず初めに、風速計とは風速を測る機械です。主に飛行場であったり塔や山頂などに設置されており、風速を測っています。陸上競技場などでは、手持ちの風速計を使い風速を測ります。風速計といっても様々な種類が存在しています。一つは、風杯型です。特徴としては、回転軸の周りに半球が3~4個ついている点です。
この半球の事を風杯と言います。メリットは風向きの変化に対応できる点です。次に、超音波式風速計です。こちらは、世界中の様々な場所で利用されている風速計です。
その名の通り超音波を利用して風速を測っていきます。メリットとして、とても耐久性に優れているという点です。
なので、いかなる場所でも設置する事ができるのです。このように、風速計にも様々な種類があり一つ一つに特徴があります。
風速計は、あまり普段ではなかなか見かけるものではないと思います。風速計に興味を持った方は、是非一度インターネットなどで調べてみてはいかがでしょうか?様々なことを知ることができ、面白いものだと思います。

RECENT NEWS

カテゴリ:風速計の種類

生活に役立っている風速計

快適な生活の為に風速計が活躍しています スポーツを円滑的に行ったり、風害を予防するなどの目的で風速計を利用する法人や個人が増えていて、近年はデジタル式の風速計の商品を中心に人気になっています…

MORE DETAIL

カテゴリ:役に立つ風速計

風速計が活躍する場面

風速計はどんな時に使う? 風速計とは、その名の通り風の強さや早さを計る際に使われる機械です。 風速計を使うことで、現在の場所でどのくらい強い風が吹いているのかが分かります。 この風速計は…

MORE DETAIL

カテゴリ:役に立つ風速計

陸上競技にお天気に風速計は欠かせません

陸上競技で多く用いられる風速計 平均風速や瞬間風速などを計る風速計は私たちの日常生活においてはあまり縁のない機器かもしれません。 しかし風が結果を左右する重要な要素となる陸上競技において、…

MORE DETAIL

カテゴリ:風速計の種類

風速計にはいろいろな種類があります

色々な風速計の種類について 気象予報などにも活用されている風速計ですが、実は色々な種類が存在しているのをご存知でしょうか。風速計には大きく分けて3つのタイプに分かれており、種類によって用途も…

MORE DETAIL